うそ!?口コミの情報では爪水虫が改善されなかった・・

口コミの情報では爪水虫が改善されなかった

親指の爪が白く濁り、ボコボコしているのが以前から気になっていました。どこかにぶつけて内出血しているのか、何らかの要因で白くなってしまったのではないかと放置していたのですが、友人からその症状は「爪水虫」なのではないかと言われました。

 

爪水虫という言葉も初めて聞き、自分が水虫になっていることにもショックをうけ、どうすれば良いのかと悩んでいました。

 

まずは自分が本当に爪水虫なのかどうかを知りたくて、ネット上で画像を検索したり、口コミなどを参考に対処してみたのですが、どれも効果が出ず、改善には至りませんでした。やはり医師に診断してもらう方が適切なのではないかと思い、ちょっと恥ずかしい気持ちはありましたが皮膚科を受診。結局、白癬菌が原因の爪水虫であると言われ、処方薬が出ました。

 

薬を使ってからすぐに改善したのですが、数か月後にまたなってしまいました。どうやら生活の中で問題があるのではないかと言われ、まずは自分の環境から見直すことにしたのです。

 

自分だけが原因と思っていたのですが、どうやら家族にも症状が出ており、お互いに移し続けていたことに気付きました。今は家族で治療を行って、爪水虫の恐怖からは解放されています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫の的確な対処法。

爪水虫という言葉を聞いたことがあるでしょうか。字のごとく‘爪’に感染する水虫のことです。足の裏や指の間などに水疱ができて痒くなるあの水虫とは異なり、痒みなどの自覚症状がまったくありません。

 

私が感染したときも、思いもよらなかったですし、そもそもその存在すら知らなかったです。原因となる水虫は、皮膚にできるものと同様に「白癬菌」と呼ばれるカビがもたらします。爪はとても硬いタンパク質の層ができているもので、この層の中に入り込むことは白癬菌でも大変なものです。

 

足を常に蒸れた状態にしていたり、不衛生な状態にしていることで、白癬菌が少しずつ爪の角質層の中に入り込んでいくのです。入り込むのが大変なら除去するのも大変です。私は皮膚科に通ったのですが、良くなるのに何ヵ月もかかりました。

 

もし爪水虫に感染していると思ったら、対処法は「病院に通う」ことです。爪水虫は角質層の奥に入り込んでしまっているので、市販の水虫薬を丁寧に塗っても届かないでしょう。皮膚科の先生の指導のもと、爪水虫専用の薬を使うことが肝心です。

 

硬い爪にもしっかり浸透するように作られているため、市販の水虫薬より効き目が抜群です。もちろん足は清潔な保ってください。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫に治療薬は効果的でした

足の爪が、なぜだかわかりませんが、いつの間にかゴワゴワで靴を履くときにあたってしまうのが悩みでした。
長時間歩いていると、足が痛くなって歩きづらくなるほどです。

 

不快な症状を改善するために、毎日の入浴時に、ボディーソープなどで足の爪周辺をきれいに洗浄してケアしてみたのですがごわごわ感などに関しては改善には至りませんでした。

 

そんな時に、ネットで「爪水虫に効く治療薬」を見つけて、藁をもすがる気持ちで購入して試してみました。
この治療薬の良いところは、一日一回足の爪に塗布するだけで、徐々に爪水虫が治ってきました。

 

カサカサでゴワゴワしていた足の爪がしっかりと保湿されるようになり、見た目にもきれいな爪になってきたのです。

 

人前で、爪水虫に感染している足の爪を見られるのが嫌で素足になることができませんでしたが、症状が改善した今では、自信をもって素足になることができました。
ジェルタイプなので浸透力も良く、少量を塗布するだけでも効果がありました。

 

爪水虫は、普段のケアでは治りにくく、専用の治療薬を使用することが大切だと実感しました。
「そのうち治るだろう」と放置するとさらに症状が進行する恐れもあるので、早めに対処するのがおすすめです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫の治療は長期戦

爪水虫は水虫の一種で、水虫菌が爪の内部に浸食しているものです。そのため、私の爪も変色していて腐ったような感じになっていました。はじめのころは何も違和感がなかったのですが、痛みが出だしてから爪水虫だと気づき、治療をすることにしました。

 

自宅でできる治療方法は、通常の水虫と同じように塗薬があります。ただし、通常の水虫と違い、爪に対して塗らなければいけないため、少し工夫が必要です。塗る際には必ず爪をできる限り短くしておかなければいけません。

 

そして、爪の内部まで浸透させるようにするのです。足にできる水虫もそうですが、これらの感染はすぐに完治するわけではありません。薬を付けたからといって、1週間ほどでは治りません。痛みやかゆみ自体はひきますが、まだ菌が浸食していますので、完全に除去するまでは完治とは言えないからです。

 

爪水虫の場合は、治療をしてから爪が新しく完全に生え変わって初めて完治したと言えるでしょう。

 

私の場合も、1年くらい経過してやっと綺麗な爪が生えてきました。少しずつですが、綺麗に生え変わっていく爪を見て効果を実感することができました。爪水虫を治すには根気がいりますが、完治することは可能です。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫の飲み薬はどんな種類がある?塗り薬では改善できない?

(爪水虫の時処方される飲み薬)

 

爪水虫の治療で病院に行くと、患部の検体を採り検査が行われます。

 

その後、爪水虫という診断が出たら飲み薬か塗り薬が処方され、ある程度の期間をかけて治療を継続します。

 

飲み薬は、爪水虫改善への効果が高く優先的に選択される治療法ですが、肝臓への副作用のリスクがあります。

 

その為、肝機能や血液に疾患がある場合や妊婦の人には、飲み薬の処方ができないので、塗り薬による治療が選択されます。

 

健康な人でも、飲み薬を服用している期間は定期的に血液検査が行われます。

 

処方される飲み薬は、イトラコナゾール系やテルビナフィン系が主流で、双方の服用方法は異なります。

 

イトラコナゾールは、パルス療法と呼ばれる1週間服用を継続して3週間休み、これを3回繰り返すという方法で服用します。

 

テルビナフィンは、1日1回1錠を服用して半年間程度を目安に継続します。

 

(市販の塗り薬で爪水虫対策をするなら)

 

爪水虫治療で飲み薬を使うには、病院へ受診する必要があり、市販薬による対処の場合は塗り薬を使用します。

 

ドラッグストアや薬局で販売されている水虫薬は、爪水虫へ十分な働きかけができません。

 

しかし、通販サイトなどで販売されている爪水虫対策商品なら、原因菌への働きかけが期待できます。

 

最近話題になっているクリアネイルショットという商品は、爪への浸透性を工夫していて、硬い爪に馴染み有効成分で患部にアプローチします。

 

クリアネイルショットは、通販サイトか公式サイトでの販売となっていて、お得に購入するなら公式サイトからがおすすめです。

 

公式サイトにはコースが3種類あって、10%オフのお試し定期コースや15%オフの基本コース、20%オフの年間コースなど、いづれも始めやすいお得な価格になっています。

 

お試し定期コースは、通常3.300円が10%オフの2.970円になり、公式サイトの特典で全額返金保証も付いてきます。

 

病院へ受診して、飲み薬の使用ができない人や自宅で爪水虫の対処をしたい人に、クリアネイルショットはおすすめです。

 

(日頃の予防も大切)

 

足に水虫があると、その白癬菌が爪の中に感染して爪水虫になるケースもある為、足にある水虫を完治するのも大切です。

 

足水虫なら、ドラッグストアなどで販売されている水虫薬でも働きかけに期待できるので、全体的に対処するのがおすすめです。

 

また、日頃から足の環境を整えることも重要なポイントなので、入浴時しっかりケアをしたり、日中靴下が蒸れている場合は履き替えを用意するなど、こまめなケアも大切です。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

 

【PR】クリアネイルショットの最安値はココだ!【爪水虫ジェル!】