3ヶ月もの間、悩まされました

3ヶ月もの間、悩まされました

夏にプールや温泉施設を頻繁に訪れていたところ、いつの間にか、誰かに爪水虫をうつされてしまいました。水虫や爪水虫にならないように、アルコール消毒をしたり、足が蒸れないように気を付けていましたが、爪水虫は感染力が強かったようで、爪に白いカビのようなものが生えてしまいました。

 

通気性のよい靴下を履いて、自宅では裸足で過ごすようにしていたので、自然と治るだろうと考えていましたが、3ヶ月たっても改善されるどころか、爪の先が脆くなってしまいました。

 

爪の色も悪くなったので、このままではいつまでたっても治らないのではないかと心配になり、クリアネイルショットを使うことにしました。クリアネイルショットは爪を健康にするための栄養素などが入っているので、爪水虫の症状を抑えるだけでなく、できるだけ早く新しくて健康な爪が生えてくるように促す効果があると期待したからです。

 

爪に直接、塗るだけでいいので、手間もかからずに良いと思って継続して使用するようになりました。それと同時に、足の指の間を念入りに洗ったり、乾燥ぎみにさせるように心がけたことで、新しく生えてきた爪は綺麗な状態だったので安心しました。

 

爪水虫は感染力が強いものの、痒みなどはないため知らずに感染していることが怖いと感じました。

 

 

3歳児も爪水虫になります

我が子のことですが、ようやく3歳になったばかりの女の子が爪水虫になりました。お風呂に入れているときに、指先近くの皮がめくれており、最初はあまり気にしなかったのですが、だんだんひどくはがれるようになってしまいました。皮膚科に連れて行ったところ、爪水虫と診断されました。

 

 父親が水虫持ちなので、お風呂などで感染したのかと思いましたが、白癬菌は水を介してうつることはないということなので、原因はよくわかりません。

 

 本人は痒がったり痛がったりすることはありませんが、足は見ていて痛々しいような状態でした。皮膚科でもらったのは塗り薬だけで、飲み薬はいただけませんでした。

 

 お風呂で患部をきれいに洗うのですが、このとき、強くごしごしこすったり、自分で皮をむいたりしては駄目なのだそうです。ナイロンタオルも止められました。バスグッズで強くこすると目に見えない傷がたくさん増え、そこから菌が侵入するそうです。

 

 お風呂から上がったら、毛足の長い柔らかなタオルで、水気をきちんとぬぐい取り、もらったお薬をつけています。本当は靴下を履かせたいのですが、白癬菌は高温多湿な環境を好むそうなので、なるべく患部を覆うものはつけないようにとのことです。

 

 皮膚科に行って、薬をもらうと、それほど病気が進行していなかったのか二週間くらいでよくなりました。二度かからないように気をつけてあげなければと思っています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら