30代にも効果的なケア方法

30代にも効果的なケア方法

30代の自分が始めて爪水虫になってしまいました。汗っかきのため足先がジメジメしていることもよくあり、とにかくいつも清潔にしておこうと心がけてきました。しかし、なかなか爪のガサガサはおさまることなく、迷っていた時にジェルタイプのケア用品を見つけたのです。

 

そこで思いきって利用してみたところ、着実に爪先の状態が変化してきました。潤い成分が配合されていましたので、毎晩お風呂上がりにぬっているだけでしっとりとした手触りと、健康的なピンク色の爪を確認できて安心しました。あんなに悩んできた爪水虫がジェルケア用品を塗り始めてから数週間ほどで飛躍的に改善したのです。

 

爪先の見た目の悪さが気になってきましたが、これからはサンダルを履いて人前に出られると喜びの気持ちでいっぱいです。爪の奥の方までじわじわとジェルが浸透していくため、効果も抜群で驚きました。もっと早く購入しておきたかったと感じるほどで、今後も利用していければと考えています。

 

誰よりも綺麗な足を手に入れることができ、満足しています。副作用などもなく安全性が高い点も気に入っています。子供やお年寄りにも使える点も非常に魅力的で、家族揃って愛用していくつもりです。

 

 

40代で爪水虫を治すことができました

私は30代後半ごろから爪の状態が良くないことが悩みでした。20代の頃から特に夏場はペディキュアを塗ることが多かったのですが、30代後半あたりから塗りなおす際にペディキュアをオフすると爪の色が黄色がかった白濁の状態で、爪自体もボコボコしているのが気になっていました。

 

でも、どうせペディキュアで隠すからいいやとごまかしていたのですが、その状態は親指だけだったのが徐々に人差し指や中指にも広がり、不安になり調べてみると私は爪水虫にかかっていることがわかりました。

 

爪水虫は一般的な水虫と同じ菌が爪に繁殖している状態とのことで、私の場合は痛みやかゆみはありませんでしたし、これまで普通の水虫にかかったこともなかったのでまさか水虫だとは思ってもいませんでした。

 

そのころはすでに40代に突入していたので、若くもないし完治できるか不安でしたが、ネットの口コミで評判だった塗り薬を使ってみたところ、私には合っていたようで40代でもキレイな状態に戻りました。ジェル状の薬なので爪へのなじみも良く、患部にとどまってしっかり浸透してくれます。

 

分厚く変形した爪も徐々に柔らかくなり、白濁していた爪の色も徐々に血色の良い普通の色に変わり、ペディキュアで隠さなくても素足で外に出られるようになりました。
⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら