ドラッグストアより皮膚科を受診します

ドラッグストアより皮膚科を受診します

足が水虫になってしまい、ドラッグストアで水虫用クリームや水溶性の水虫の薬を塗っていました。水虫にかかった最初は足の指の間に水疱ができたり、皮がむけたり、痒みがありましたが、水虫用クリームタイプの塗り薬を塗ると落ち着き治ったと思っていました。

 

しばらくすると踵や足の裏全体に痒みを感じるようになったので、また水虫用の塗り薬を塗っていたのですが、土踏まずのところが痒みが強くなって皮もむけるようになりました。これも水虫なのかわからなかったのですが、ドラッグストアで購入した水虫用の塗り薬を塗ることで足は見た目はキレイになっていたので、特に皮膚科には行きませんでした。

 

治ったようにみえた水虫ですが、爪が盛り上がるようになって爪切りでカットすると爪の部分が徐々に少なくなってきたので、皮膚科に行くことにしました。診察では足全体に水虫に感染しているということで、爪は爪水虫ということでした。爪が水虫にかかるということを知らなかったのですが、爪水虫まで感染してしまうと塗り薬では完治は難しいので飲み薬を処方されることになりました。

 

飲み薬を飲むにしても血液検査をして服用できるということを確認してから服用できました。爪水虫の治療は薬の服用とクリームタイプの塗り薬を足全体に塗りました。薬の服用は数日だったと思いますが、すぐには治らなかったのですが半年くらい経つと爪も元通りになってきて、足の水虫も治りました。

 

水虫の初期はドラッグストアの水虫薬でも治ることはあるかもしれませんが、早めに皮膚科に行ってしっかりと完治させることは大切なことだと思っています。

 

 

爪水虫を投薬治療で治しました

国内線の客室乗務員をしており、ハイヒールを履き続けて1日8時間の業務をこなしています。ずっと同じハイヒールを履いていた影響もあり、爪水虫を患って長期間の治療を行いました。

 

まさか自分が水虫になるとは医師から診断される前までは思ってもおらず病名を聞いても半信半疑でした。爪に異変が現れたのは2年前の夏で、真っ白だった爪が黄色く変色してきたのが最初でした。年齢を重ねたことで爪も色が変わったのだろうと気に留めていなかったのですが、日が経つにつれて爪がボロボロになっていき異臭も放つようになって病院の皮膚科を受診しました。

 

そこで爪水虫になっていると言われました。状態がひどく、ステロイド剤を服用する投薬治療を1ヶ月間受けました。お薬を飲み始めると副作用も多少はあらわれ、生理不順・不眠に悩まされてしまいました。

 

しかし爪水虫にはとても効果があり、投薬後1週間で異臭はなくなり1ヶ月経過したらボロボロになった爪から白くて綺麗な新しい爪も生えてきて治ったのだと実感しました。

 

医師から今後爪水虫にならない為には、長時間同じ靴を履き続けないようにと助言を受け今は業務以外はスリッパに替えて足が蒸れないように心がけています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら