飲み薬による治療について

飲み薬による治療について

私は2年程前に爪水虫を患い、1年近く苦しみました。

 

爪水虫とは水虫の原因菌である白癬菌が爪の中に浸食し、症状が悪化していく病です。
見た目も非常に悪く、長く苦しむことになります。

 

爪水虫は自然治癒力では完治しません。

 

私の場合、色々試した結果、治療で一番効果が感じられたのは「飲み薬」でした。
「塗り薬」だけでは殆ど効果は感じられ万でした。

 

残念ながら現時点では、爪水虫の市販の「飲み薬」はありませんので、
長く通院する必要がありました。

 

種類は「グリセオフルビン」「テルビナフィン」「イトラコナゾール」の3種が一般的ですが、
いずれも肝機能障害等、副作用がいくつか発生する可能性があり、
副作用が重い場合は死に至ることもありますので、血液検査が必須でした。

 

ただ、真面目に通院をしたとしても、
爪水虫の治療期間は少なくとも6か月ほどはかかると思っておいた方がよいでしょう。

 

 

どういう治療法を用いても、一度侵されてしまった爪を綺麗に戻すことはできませんので、
傷んだ爪の中にいる白癬菌を死滅させる治療をしつつ、
新しい健康な爪が生えてくるまでには半年程度はかかってしまうのです。

 

 

治療期間が長いので、途中で通院するのがイヤになってしまうこともあります。
しかし途中で投げ出してしまえばまた同じことの繰り返しになります。根気が必要です。

 

おかげさまで今はもう完治し、再発の気配もありません。
皆さんも辛抱強く頑張って下さい。

 

 

足湯で爪水虫の治療を行いました

私は以前爪水虫に感染してしまったことがあります。爪水虫に感染していることに気づく前に、私は足の水虫に感染していました。最初は冬場に頻繁にブーツを履いていたので、足がふやけてしまったのかと思っていたのですが、だんだんと皮がむけてきて、水虫だとわかりました。

 

市販の塗り薬をぬって対応していましたが、なかなか治ることもありませんでした。そしていつからかわからないのですが、気づいたときには爪が白く濁っていました。インターネットで調べてみると、これは爪水虫の症状だということがわかりました。なかなか病院に行く時間が取れなかったので、私は自宅で足湯を使った治療法を試してみることにしました。

 

私が行った足湯を使った治療方法とは、酢を使うものです。酢には強い殺菌、防腐作用があり、布巾などの殺菌にも使用されるくらいのものだということです。私が行った酢をつかったは足湯は、洗面器の中にお湯を張って、そこにお湯の3分の1の量の酢を加えて、洗面器の中に足をつけるだけのものです。

 

一回の時間は15分ぐらいだったので、毎日足をつけながら歯を磨いたり、顔のパックをしたり、時間を有効に使うことができました。

 

私にとっては非常に効果が高かったようで、1カ月ほど続けた結果、きれいに治すことができました。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら