足臭いのは爪水虫?対処法は?

足臭いのは爪水虫?対処法は?

(足の臭いの原因)

 

足は靴や靴下を履くので、通気性が悪く雑菌が繁殖しやすい環境です。

 

足臭い?と自分で感じる場合、足のケアをしっかりすることが大切で、自宅にいる時は足を乾燥させる心掛けが必要です。

 

足の臭いは、足裏の雑菌によるものだけではなく、爪が臭いケースもあり大抵の人が臭くなる部分です。

 

爪の間には、汚れや古い角質、皮脂などが詰まりやすく臭いの原因になるので、毎日お風呂に入っていても臭くなります。

 

(爪水虫や水虫でも足臭い?)

 

足は大方臭くなる部分ですが、通常より臭い場合は足に水虫がある可能性も考えられます。

 

水虫になると、皮膚の角質が破損してそこからブドウ球菌などが感染し、腐敗臭が発生して強い臭いになります。

 

爪水虫に関しては、足臭い?イコール爪水虫になっているとは限らず、爪の状態を見て判断した方が分かりやすいです。

 

(足の臭いの対処は?)

 

足の臭いを改善するには、清潔な状態を保つことが大切で、入浴時は指の間までしっかり洗い、爪ブラシなどを使って爪を洗うのも効果的です。

 

足臭い?と感じた場合は入浴時以外でも、帰宅したら足だけ洗うなどのケアも必要です。

 

水虫が原因で足が臭い時には、水虫を治療するのが先決で、薬局やドラッグストアで販売されている水虫薬でも、足水虫なら働きかけに期待できます。

 

また、指の間がじゅくじゅくしている時は、ガーゼなどでカバーする対処もおすすめです。

 

(爪水虫はどうなるの?)

 

足臭い?と感じたからといって、爪水虫とは限りませんが、爪水虫は典型的な症状があります。

 

初期から中期の症状は、爪が厚くなり白濁色に変わり、バラバラと爪が崩れだします。

 

更に進化すると、黄色になってやがて黒色に変わり最終的に爪が剥がれてしまいます。

 

爪水虫の場合、臭いや痒みなどよりもこれらの症状の有無を確認した方が判別しやすく、足水虫がある人は爪に感染するケースもあります。

 

(爪水虫の原因や対処は?)

 

爪水虫は、足水虫と同じ白癬菌の感染によるもので、爪の中に感染することで発症します。

 

白癬菌は、ケラチンが好物なので爪や皮膚、髪がある部分なら感染する可能性があり、足水虫に比べ爪水虫は厄介な点があります。

 

爪水虫に足水虫で使う水虫薬を塗っても、硬い爪が壁となり成分が患部に届かず十分な働きかけができません。

 

爪の中にいる白癬菌へ働きかけるには、爪に浸透して患部に届かすか内服薬による治療が必要です。

 

内服薬は、皮膚科に受診して処方されないと服用できず、市販はされていません。

 

その為、爪水虫になった場合の優先対処方法は、皮膚科への受診がおすすめです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら