マニキュアが原因で爪水虫になった

マニキュアが原因で爪水虫になった

わたしは、おしゃれの為に毎日、マニキュアを楽しんでいるのですが、ある日、足の爪が少し変色しているのを発見しました。普段なら白い爪が、中央を中心に黒っぽく、明らかに変色しているのです。何か恐ろしい病気なのではと不安になり、すぐに病院に見てもらうことにしました。すると、医師から告げられたのは爪水虫という病気でした。

 

先生によると、爪の間に白癬菌が侵食することで生じるとのことです。私の場合、マニキュアを頻繁に塗っているので衛生状態が良くなく、白癬菌が増殖しやすいと説明を受けました。しかも、マニキュアのせいで爪の水分や油分が過度に失われているため、爪自体も弱くなっているというのです。

 

爪水虫を改善する為に、クリアネイルショットという薬を薦められました。これは、爪水虫を引き起こす菌に対して有効な成分が含まれているジェルとのことです。お風呂上りにこまめに塗る事で、症状が改善すると説明を受けました。

 

早速、お風呂上りにタオルで水分を拭きとって塗ってみた所、ジェルが爪にあっという間に浸透していきました。また、香りも良く、塗り心地も滑らかなので、すごくケアしやすいと感じました。おかげで、一ヶ月使用したところ、全く爪水虫の症状がなくなり、安心しました。

 

 

爪水虫の治療にマイコスポールを処方されました

私は何年も前から足に水虫を患っていましたか、去年ついにその水虫の菌が足の爪にまで移ってしまいました。足の水虫が発生した時に皮膚科に通うと、マイコスポールという塗り薬を処方されていました。

 

足の水虫の場合には、それを塗ると、比較的に早い段階でよくなるのですが、私の場合には何度も足の水虫をぶり返していました。爪水虫になり、もう一度皮膚科を受診すると、やはり同じマイコスポールという塗り薬を処方されました。

 

しかし以前と異なるのは、今度は内服薬も一緒に処方されたことです。爪水虫は、爪の中ということで、塗り薬だけでは治すことは難しいので、内服薬も一緒に処方するということでした。

 

マイコスポールにみられる副作用としては、高い抗菌作用があるので、皮膚炎や刺激感、かゆみなどが発生する場合があるということでした。しかしありがたいことに、私がこの薬を使っても特に副作用が発生することなく、安心して使うことができました。

 

毎日、おふろ上がりに1回ずつ塗り、薬もしっかりと飲みました。その結果、現在爪水虫の治療を始めて8カ月ほどになりますが、爪の下半分はとてもきれいな爪で、このまま順調に爪が伸びていけば、完治できると思います。