若いのに爪水虫になってしまい

若いのに爪水虫になってしまい

爪水虫はおじさんやおばさんがなるものだと思っていたのですが、まだ若いのになってしまって凄い恥ずかしい気持ちになっていました。

 

環境が大事ですから、不衛生にしていたら年齢関係なくできてしまうのですが、まさか自分がなるとは思わなかっただけにショックでした。

 

実害はなかったのですが放っておくわけにもいきませんから治療をすることにしたのですが、病院に行くのは恥ずかしいので、とりあえず自力で爪水虫を治すことにしたのです。

 

調べてみると病院に行っても行かなくても使う薬は変わらないということでしたし、ケア用品で治ったという人もいるのでまずはそこから始めることにしました。
治るまでに時間がかかるということでしたから、じっくり付き合っていかなければならないと思うと憂鬱でしたが、これも全て自分が日頃のケアを怠った結果だと思い反省してケアをしていくことにしたのです。

 

薬を塗って更に爪水虫に良いというジェルも使って、衛生状態には気をつけて毎日を過ごすようにしました。

 

完治するまでには時間がかかったものの状態が改善するのは比較的早い段階で実感できたので、ケアのモチベーションは続きました。
結局半年ぐらいかかって、ようやく綺麗に治ったので良かったです。

 

 

和歌山市にある皮膚科で爪水虫と診断された

わたしは、数年前に爪水虫になってしまった経験があります。最初に異変に気づいたのは、足の親指の爪の表面が白っぽく濁っていたのを見つけたときです。通常よりも爪に透明感がなかったのですが、保湿が足りないのだろうと深くは考えませんでした。

 

ただそのまま放置していると、今度は足の親指が巻き爪で皮膚に食い込むようになりました。おかげで、痛みを感じて、化膿して腫れるようになりました。それで、和歌山市にある皮膚科に行って細菌検査を受けた所、爪水虫だと判明したのです。

 

和歌山市の皮膚科の医師からは、有効な治療薬としてクリアネイルショットを薦められました。この薬には、爪水虫の原因菌を殺菌する成分が豊富に配合されているとのことです。なので、毎日、お風呂上りに塗布するだけで、症状が良くなるといわれました。

 

早速、その日の入浴後に、足の指の爪、生え際部分、周りの皮膚などに丁寧に塗布していきました。ただケアをし始めて最初の頃は、全く効果を感じることがなかったです。なので、このまま使い続けて意味があるのかと心配になりました。

 

しかし、2ヶ月ほど使ったら、濁っていた爪がよくなって効果を実感できました。もちろん巻き爪も改善したので、本当に使ってみて良かったです。